2004年09月19日

東京都大学リーグ第3節

本日日体大健志台グラウンドで行われた東京都大学サッカーリーグ戦1部第3節、早稲田大学ア式蹴球部vs立正大学体育会サッカー部の結果です。

早稲田大学2[0-0・2-1]1立正大
得点:【早】玉田英史(80分)、金守貴紀(82分)
【立】高木陽平(86分)
警告:【早】矢島卓郎【立】平井晋太郎

早稲田大スターティングメンバー
―高橋(周)――矢島―
――――松橋――――
高橋(孝)――――徳永
――――金田――――
浅川――――――近藤
―――岡――金守――
――――植草――――

立正大スターティングメンバー
――赤尾――平井――
――――高木――――
粂―――――――野沢
――久保――菊池――
―竹内―橋本―中村―
――――清水谷―――

ア式の2トップは前節に続き高橋周大と矢島卓郎。松橋優がトップ下に入り、右MFに徳永悠平が復帰、左に高橋孝介。守備的MFは出場停止の鈴木修人に代わって金田隼輔、DF陣は3試合連続で、右から近藤繁也、金守貴紀、岡佑亮、浅川智。そしてGKは守護神植草裕樹。

対する立正大は、昨年から赤尾、平井の2トップ、CB竹内、両サイドの野沢、粂、ボランチ菊池など、昨年からチームの中心となって活躍してきた選手が多い。
立ち上がりから早稲田はチームのバランスが良くない。3バックの相手にFW2枚を、徳永、高橋(孝)の両翼をサイドMFに
ケアされて、松橋にはボランチの1枚が。攻撃に転じた時に、相手はCB1人とボランチ1人、2人分の余裕を持った守備ができていた。
立正大の2トップ、赤尾と平井の身体能力が非常に高く、また周囲のサポート意識も高く、ファーストタッチ、セカンドタッチともに相手に奪われてしまうことが多かった。
ともに非常にコンパクトにプレーし、プレーエリアでスペースがなくなるシーンが多くなる。
前半は相手の時間帯となることが多く、何度か危ないシーンもあった。25分には左サイドから、真ん中でフリーになった高木がパスを受けドリブルで独走する。この1対1を植草が絶妙な飛び出しで防ぐ。早稲田も高橋(周)が惜しいシュートを放つなどするが、両者無得点のまま前半を終える。

後半、左サイドバックの浅川に代えて、リーグ戦初出場の横山知伸(1年)を投入。早関戦、練習試合でもいい動きをみせていただけに、期待が集まる。
54分、高橋(周)に代えて山本脩斗。
両者膠着状態のまま、徐々に時間が過ぎていく。
71分、高橋(孝)に代えて玉田英治を投入。
77分、立正大は高木がゴールを決めたかに思われたが、オフサイドの判定。
80分、交代出場の玉田が、右サイドからのボールを矢島が落としたところにうまく入ってきて、得意の左足でゴールを奪う!!
その2分後、左からのコーナーキックに合わせたのは金守!すばらしいヘディングシュートで追加点!!

86分に中央を破られて18番、高木陽平にゴールを割られ1点差。
その後も終了間際にまたも高木がシュート。しかし植草がビッグセーブ!!
薄氷を踏む思いだったが、何とか勝ち点3を手に入れた。3連勝はさすが、関東大会出場はほぼ決定とはいえ、もう少し心臓に優しい戦いをしてくれ!!

【個人寸評(数字は10点満点、平均は6)】
GK植草裕樹…7.5 体を張った守りで、チームを勝利に導く。きょうのMVP。
DF近藤繁也…6.5 負傷しながらも、チームを引っ張るプレーぶり。
DF金守貴紀…6.5 CKからの得点はさすが。相手の2トップに翻弄されるシーンが目立つ。
DF岡 佑亮…6 及第点の活躍。
DF浅川 智…5 目立たず。
MF金田隼輔…6 徳永、高橋(孝)の両サイドハーフのポジショニングに気を配り、攻守にわたってケアしていた。
MF高橋孝介…5.5 前に出る積極性があまり見られなかった。連動性に欠ける時間帯が多かった。
MF徳永悠平…5.5 土のグラウンドに苦しんだか、またはまだ本調子に戻ってないのか。凡ミスが多く、本来の彼のプレーとはほど遠い。それでもドリブル突破、1対1の場面では負けない。単なるパスミスなのか、シビアなパスに仲間がついていけない場面も。
MF松橋 優…6.5 豊富な運動量、確かな技術、攻守にわたってよい動き。徳永とポジショニングがかぶるシーンも。
FW高橋周大…5.5 惜しいシュートをはずすなど、今大会まだもの足りなさを感じる。
FW矢島卓郎…6.5 ボールキープがうまい。相手Gkのファインセーブに3試合連続得点ならず。
******************************************************
DF横山知伸…5.5 判断が遅く、前を向くのか後ろを向くのか、ボディシェイプは?という場面で相手に寄せられてしまいキツくなってしまった。技術はしっかりしているので、今後スピードに慣れることが課題。
FW山本脩斗…6 及第点。ボディコンタクトは必須課題。
MF玉田英史…6.5 出ることで流れを変えた。自分の仕事をきっちり果たした。
MF清水健…―― 出場時間短く、採点不可。

siaimae
試合前、両校イレブンが整列。

kou-tama
高橋(孝)に代えて玉田を投入。

toku
徳永もWMWに戻ってきた。今後のさらなる活躍に期待!
posted by ultraswaseda-admin at 23:40| 東京 🌁| ア式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。