2004年09月05日

都リーグ開幕戦 vs朝鮮大

本日行われた第37回、東京都大学サッカーリーグ戦1部開幕戦、早稲田大学ア式蹴球部vs朝鮮大学校体育会サッカー部の結果です。

早稲田大学5[3-0・2-1]1朝鮮大
得点:【早】兵藤2(16分、18分PK)、松橋(39分、52分)、矢島(65分)【朝】リ・キョンジェ(87分)
警告:【早】近藤、鈴木

早稲田大スターティングメンバー
―高橋(周)――山本―
――――松橋――――
兵藤――――――清水
――――鈴木――――
浅川――――――近藤
―――岡――金守――
――――植草――――

朝鮮大スターティングメンバー
―金正旭――鄭大世―
――――李敬宰―――
高尚徳――――金基洙
―――厳貴聖――――
金良高――――高正寿
―金成年―陳錫哲――
―――鄭二世――――

ア式は2トップに高橋周大と山本脩斗を起用。松橋優がトップ下に入り、右に清水健、左に兵藤慎剛、守備的MFに鈴木修人、DF陣はおなじみの4人、右から近藤繁也、金守貴紀、岡佑亮、浅川智。そしてGKは守護神植草裕樹の布陣。
早稲田は立ち上がりからゲームを支配する。
前半2分、兵藤のクロスのこぼれ球を鈴木がロングシュート。大きく枠を外れるが、攻めの姿勢がいきなり出た。
6分には再び兵藤が左からクロスをあげる。高橋(周)のシュートはGKに弾かれるが、そのこぼれ球を山本がシュート。惜しくもバーに阻まれる。
その後少し朝鮮大の時間が続く。13分、相手のエース、チョン・テセのシュートを浅川が体を張って防ぐ。いい体勢だっただけに、体を投げ出してよく防いだ。
その直後、高橋(周)が右サイドをドリブルで切り裂く。斜め45度から狙ったシュートはまたもやバーに。相変わらず調子がいいプレーを見せる。
待望の先制点は16分、清水からのパスに兵藤がドリブルで抜け出しGKと1対1に。左足で冷静に決めて先制点!
さらに早稲田の攻勢は続く。
18分、高橋(周)がペナルティーエリア内左で相手のハンドを誘う。そのPKを兵藤が落ち着いて決めて2点目。
朝鮮大も反撃を試みるが、金守、岡の両センターバックを中心に、FW陣に仕事をさせない。
39分にはまたもや兵藤が左からクロスをあげる。速いボールに驚異的な反応で追いついたのは松橋優。体勢を崩しながらも、右足のボレーでビューティフルゴールを決める。

後半開始、山本に代えて矢島卓郎。雨脚が強くなり始める。
49分、ゴール正面で得たFKを鈴木のフェイントから兵藤が狙うが、惜しくも外れる。
52分、近藤が右サイドからあげたクロスのこぼれ球を松橋がひろってGOAL!!
57分、兵藤に代えて高橋孝介投入。
61分、清水に代えて金田隼輔。
66分、矢島が持ち込み、高橋(周)がシュート。浮いた球を矢島が頭で押し込んで5点目。
71分、松橋に代えて後藤秀平。
77分、近藤のクロスに高橋(孝)がボレーであわせるがミートせず。
82分、後藤が中央突破からゴールを狙うがGKに阻まれる。
86分、近藤が自陣ペナルティエリア前でファウルを犯しイエローカードをもらう。そのFKを12番リ・キョンジェに直接決められる。
ロスタイムには鈴木がファウル。スリッピーなグラウンド状態で致し方ない気もしたが危険なのでイエロー。
試合終了。

速いパス回し、サイドからの仕掛け、果敢なオーバーラップ、高い個人技など、攻撃陣の爆発が目立った試合だったが、守備陣の健闘も光った。相手のリズムの時に黄“金”の“守”りをみせた金守、岡もチョン・テセにしっかり対応し、ほとんど仕事をさせなかった。
幸先よく勝ち点3を獲得、昇格まであと9つだ。

【個人寸評(数字は10点満点、平均は6)】
GK植草裕樹…6.5 不安定なグラウンドコンディション、強い雨の中でも安定したプレーと緻密でよく通るコーチングで、チームの集中力を維持し続けた。後半のビッグセーブは、一つ上のレベルのプレー。
DF近藤繁也…6.5 気持ちの入ったプレーでチームを支える。攻撃参加も多く、チャンスを多く生み出した。止めなければ失点というシーンだったので、警告は仕方ない面もある。結果的に失点してしまったのが悔やまれる。
DF金守貴紀…7 強さ、タックルの正確さ、チームにとって欠かせない選手だということをアピールした。
DF岡 佑亮…6.5 相手エースへの対応、金守とのラインコントロールはさすが。クレバーな選手だ。
DF浅川 智…6 右サイドとのバランスを考えたのか、攻撃参加はいつもに比べ影を潜めた。それでも中央まで戻って止めたり、守備面での貢献は大きい。
MF鈴木修人…6 相手のパスの出どころに対する危険察知能力はさすが。ディフェンスにシフトした時のリカバリーも早かった。
MF兵藤 慎剛…7 次節から失うのが惜しい。高い技術は、ア式を勢いにのせるのには十分すぎるほどだった。左サイドを常時支配。
MF清水 健…6.5 いよいよ姿をあらわしたキーマン。非凡なパスセンスを生かして兵藤の先制点をアシスト。
MF松橋 優…7 トップ下が天職か。攻撃の局面でしっかり顔を出し、みずからチャンスメークもする。高い運動能力は、チーム3点目の飛び出しにも見られたように、2列目からが生きてくるのかもしれない。まだまだ可能性を感じさせる。
FW高橋周大…6.5 前線の起点としても、サイドでの仕掛け人としてもよい仕事をした。次節は得点を。
FW山本脩斗…6 鋭い飛び出し、ボールへの嗅覚のよさは今後の戦いの中で大化けする可能性を秘めている。
**************************************
FW矢島卓郎…6 45分できっちり仕事をこなした。ボールキープの仕方もうまい。今後の大爆発に期待。
MF高橋孝介…6 相手に脅威を与えるほどのプレーはできなかったが、味方の時間にしっかり顔を出せた。
MF金田隼輔…6 少ない時間だったが、体を張ったプレーで相手の攻撃を食い止めた。
MF後藤秀平…6.5 20分間、あまり慣れていないポジションでしっかり自分の仕事をした。

enjin
近藤主将を中心に、栄光を取り戻す戦いが始まった。

senkyou
戦況を見つめる大榎監督

cb
すばらしい守備を見せた金守(右)と岡の両センターバック。
posted by ultraswaseda-admin at 21:46| 東京 🌁| ア式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。