2005年07月19日

天皇杯東京都予選学生系の部決勝戦 vs国士舘大戦@東京学芸大G

7月18日(月) 14時キックオフ 東京学芸大G 45分×2

早稲田大学 0[0−0・0−0・0−1・0−0]1 国士舘大学

得点:【国】5(99分)

早稲田大スタメン
−−−−山本−−渡邉−−−−
−−−−−−兵藤−−−−−−
玉田−−金田−−鈴木修−徳永
−−塗師−−金守−−山口−−
−−−−−−霜田−−−−−−

交代:金田→横山(53分)、玉田→松橋(58分)、山本→中島(78分)

国士舘大スタメン
−−−−−−金子−−−−−−
−−蒲原−−−−−−長谷川−
片山−−柴崎−−養父−−沼野
−−佐藤−−山崎−−杉森−−
−−−−−−山下−−−−−−

交代:長谷川→小比賀(54分)、柴崎→宗像(73分)、蒲原→5(84分)

駒澤を倒し勢いに乗る早稲田は、総理大臣杯の関東代表決定戦以来の対戦となる国士舘と戦うこととなった。早稲田はユニバー代表合宿に参加する時久がいなくなったが、あとは駒澤戦と同じメンバー。対する国士舘は3バックへと布陣を変えており、前線も3トップできた。

序盤こそボールキープして流れを引き寄せたかに見えた早稲田だが、徐々に国士舘にチャンスを作られるようになる。とくに前線の3人は長身の金子の下にスピードのある選手を2人置く布陣で、3バックの早稲田は数的有利を作れない場面が多くなる。前半18分には蒲原がワンツーで左サイドを抜け出しシュートまで持ち込むがこれは金守に当たりゴールならず。

前半28分、金守の絶妙なフィードが左サイド玉田に通り、グラウンダーのセンタリングを鈴木修がダイレクトでシュートするも、これは相手選手に当たって惜しくもゴールならず。早稲田が決定機を逃すと、ここから国士舘が蒲原のアタックを中心にチャンスを作り出す。前半34分、左サイドから蒲原が仕掛け、中の沼野へパス。沼野のシュートはDFに当たってキーパー霜田がセーブした。前半37分には左サイドからまたも蒲原がドリブルで進み、右足の思い切ったシュートはバーに直撃し難を逃れた。

国士舘の決定機はまだ終わらない。前半44分、ゴール前に抜け出した金子の落としに蒲原が飛び込んでくるが、これはキーパー霜田の積極的な飛び出しでクリア。前半ロスタイムにはゴール正面、エリア前ぎりぎりの位置で国士舘が得たFKを養父が直接狙ったが、霜田が横っ飛びでセーブし、ボールはポストに当たってゴールはならなかった。

早稲田がボールを持つ時間こそ長かったものの、相手にチャンスを数多く作られた前半。中1日という強行日程に加え、暑さという敵もある状況の中で巻き返しが期待される後半がスタートした。

後半立ち上がりは左サイドの玉田を中心にチャンスを作る早稲田。後半1分、玉田の早めのクロスを渡邉が落とし、兵藤から鈴木修へつなぐと鈴木修のミドルシュートはキーパー正面。後半8分、左サイドを突破した玉田の折り返しを渡邉がシュートするもキーパーにセーブされた。

その後早稲田は横山、松橋と立て続けに投入。フレッシュな選手を投入することで得点への糸口を見つけようとする。早稲田はボールをキープし、波状攻撃を仕掛けるもなかなか得点には至らない。FWの位置に入った松橋の積極的な突破、最終ラインの塗師の攻撃参加もゴールへ結びつかないまま時間が過ぎていく。

中島という最後の切り札を投入し、ひたすた攻める早稲田だったが、結局ゴールは奪えないまま試合は延長戦へ。すると延長前半の終盤、一瞬の隙をつかれる。左サイドを突破した片山のクロスに相手選手が飛び込み、まさかのゴール。苦しい時間に先手を許してしまった。その後は必死の攻めを見せる早稲田。横山に加え、最後は山口も前線に上げてパワープレーに転じるも、結局ゴールは奪えず、悔しい敗戦となった。

天皇杯出場という夢が潰えてしまった早稲田。だが、総理大臣杯、天皇杯予選といった極限での戦いを通じて、早稲田の成長は本当に著しいものがあった。勝利を重ねることで得た自信は、今後の糧として本当にかけがえのないものとなったことだろう。残された戦いは関東リーグだけとなったが、今まで以上の戦いぶりで1部昇格を目指すしかない。今年一番の目標をなんとしても成し遂げて欲しい。

セットプレーで、守る酷暑のなか兵藤慎剛は今日も走り回ったが渡邉千真と山本脩斗のツートップでゴールへ押し迫る今日は相手の速さに苦しんだ山口貴弘ここ最近の充実振りが目覚しい鈴木修人至近距離の間接FKで大混戦
posted by ultraswaseda-admin at 01:07| 東京 🌁| ア式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。