2005年05月22日

関東2部リーグ前期第9節 vs神奈川大戦@東伏見

5月22日(日) 14時40分キックオフ 東伏見 45分×2

早稲田大学 2[1−1・1−0]1 神奈川大学

得点:【早】金守(39分)、矢島(89分)【神】米山(11分)

早稲田大スタメン
−−−高橋周−−矢島−−−−
−−−−−−山本−−−−−−
玉田−−金田−鈴木修−−徳永
−−−岡−−金守−−山口−−
−−−−−−霜田−−−−−−

交代:山本→松橋(HT)、高橋周→糸井(67分)、玉田→中島(77分)

神奈川大スタメン
−−−−−−山腰−−−−−−
林田−−−−米山−−−−福田
−−−−鴨志田−松下−−−−
石神−−松永−−神山−−樋口
−−−−−−堀−−−−−−−

交代:福田→鎗田(?分)、米山→宮下(?分)、山腰→関森(72分)

神奈川大との首位攻防戦となったこの試合。早稲田は前節と同じ布陣で臨んだ。ベンチには松橋も怪我から復帰。兵藤こそ不在だったが、4連勝の勢いをそのまま持ち込みたいところ。

しかし序盤から神奈川大が快調な攻めを見せる。2位につける好調ぶりは伊達ではなく、特に左サイドの林田の突破が光る。対面する形となった山口もその対応には苦戦を強いられた。前半5分、中盤の鴨志田から左サイドの林田へ展開。林田のセンタリングに福田が頭から飛び込むもこれはゴールの上。後手に回り、早稲田にとってはいやな流れだった前半12分、ついに失点。左サイド石神から入れられたクロスボールを早稲田ディフェンスはクリアしきれずにファーまで流れてしまい、最後は米山が右足で合わせて神奈川大が先制した。

神奈川大の勢いにおされる立ち上がりとなったが、ここから早稲田も前線の高橋周と矢島の個人技を中心に反撃を試みる。前半16分、金田から左の玉田へ渡り、さらに高橋周へ。高橋周が仕掛け、右足シュートは右上へ外れる。さらに前半26分には矢島の真骨頂。ハーフライン左寄りでボールを受けるとそこからドリブルを開始。相手選手をものともせず強引なドリブルでゴール前まで突き進むと高橋周へスルーパス。高橋周のシュートは相手キーパーの正面をついた。

前半のうちに追いつきたかった早稲田、前半39分にコーナーキックのチャンス。鈴木修が蹴ったボールを高橋周が頭ですらすと、最後は金守ヘディングで叩き込む! 早稲田が同点に追いついた。

前半終了間際には早稲田にピンチ。この日大活躍の左サイド林田からエリア内の米山へつながる。米山が切り返して早稲田守備陣を翻弄すると、決定的なシュート。しかしここは霜田がビッグセーブでなんとか凌いだ。

決していい流れだとはいえなかった早稲田は後半頭から選手交代。この日イージーなパスミスが目立ち精彩を欠いていた山本に代えて、怪我明けの松橋を投入。松橋にとっては昨シーズン以来となるトップ下のポジションで、状況の打開が図られた。一方の神奈川大も3バックへ布陣変更。早稲田の前線、高橋周と矢島へのマーキングをはっきりさせるとともに、前線の選手の攻撃力をより生かそうとの狙いか。

後半の立ち上がりも神奈川大は積極的な攻めを見せる。後半11分、相変わらず快調な左サイド林田がドリブルからセンタリング。中の米山がヘディングシュートするがこれはゴールの上。さらに後半14分には左より遠めの位置でのフリーキックから石神が強烈な左足シュート。これはゴールの左に外れた。

なんとしても点の欲しい早稲田は選手交代を行う。ここで切り札としての大役を任されたのはジュニアリーグで好調な選手たち。後半22分、高橋周に代えてリーグ戦初登場となる糸井。松橋が前線に上がり、糸井はトップ下の位置へ。さらに後半32分には玉田に代わって中島を投入。この交代で攻撃が活性化された早稲田は迫力のある攻めを見せることに。

相手に脅威を与えたのは中島のドリブル。左サイドから仕掛ける積極的な姿勢は間違いなく相手へのプレッシャーとなっていた。後半36分には左サイドを中島がドリブルで駆け上がり、そのセンタリングに矢島が頭で合わせるもゴール上へ。直後の後半37分にはまたも中島が左サイドからドリブルで仕掛け、中へパス。最後は徳永が左足でシュートするもキーパーにセーブされる。

後半42分に林田の個人技からのシュートを霜田がなんとかセービングしたあとは、早稲田の最後の攻め。そしてそれが実ったのは終了間際の後半44分だった。左サイドに流れた松橋が右足でセンタリング。ファーの徳永が頭で折り返し、山口が繋ぐと最後に押し込んだのは矢島! ここぞという場面で大仕事をしたエースストライカーのゴールで早稲田が劇的な決勝点を奪った。

そして試合は終了。神奈川大が成績通りの好調ぶりで勢いのある攻めを見せ、早稲田もそれに苦戦した。しかし最後は見事な勝負強さで勝利をものにする結果となった。長いリーグ戦においてこういう試合で勝ち点3を奪えたのは本当に大きい。5連勝で独走態勢に入った早稲田、関東1部へ向かってあとは突き進むのみである。

劇的ゴール矢島卓郎途中出場で流れを変えた松橋優関東リーグ初登場の糸井正
posted by ultraswaseda-admin at 23:53| 東京 ☔| ア式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。