2006年05月21日

関東大学サッカーリーグ第10節 vs国士舘大学@駒澤陸上

5月20日(土) 14時10分キックオフ 駒澤陸上 45分×2

早稲田大学 0[0−0・0−1]1 国士舘大学

得点:【国】菅原(87分)

早稲田大スタメン
−−−−−−渡邉−−−−−−
−−−−兵藤−−山本−−−−
中島−−金田−鈴木修−松本怜
−中川裕−−金守−−塗師−−
−−−−−−伊藤−−−−−−

SUB:河野、堀江、横山、松本征、首藤、島村、松橋

交代:松本怜→松橋(HT)、中島→島村(68分)、金田→首藤(78分)

国士舘大スタメン
−−−−中村−−柏−−−−−
久保田−−−伊東−−−深澤良
−−−−−−斎藤雄−−−−−
小島−−杉森−−足助−−大島
−−−−−−山下−−−−−−

SUB:金子進、押野、半田、天野、養父、深澤幸、菅原

交代:久保田→天野(HT)、深澤良→養父(60分)、中村→菅原(80分)

3連勝といよいよエンジンのかかってきた早稲田は、今節国士舘と対戦。一昨年、昨年と激闘を繰り広げてきた因縁の相手でもある。好調な早稲田は、フィールドメンバーは前節と同じ構成。時久省吾が怪我で欠場したキーパーのポジションには伊藤拓真が今期初出場となり、ベンチには1年生で大分U-18出身の河野猛が入った。一方の国士舘は現在連敗中と調子は下降気味。流れを変えるためか、これまでの試合とは大幅に選手を入れ替えてきた。

2分、鈴木修の放り込みから最後は渡邉がヘディングシュート。これはキーパーの正面を突いたが、幸先のいい立ち上がりとなった早稲田。上空に強風が吹く中での風下のエンドで不利かと思われた前半戦だったが、長いボールが押し戻されてもセカンドボールをしっかりと拾い、早稲田が優位に試合を進めていく。相手の拙攻にも助けられる形で早稲田のボールキープする時間が長くなり、ここからチャンスをうかがう展開。

それでもシュートシーンは少なかった早稲田だったが、19分に左サイドで兵藤が粘ってキープし後ろへ戻す。受けた金田がダイレクトでクロスボールを送ると、渡邉が頭で合わせたがシュートは枠の上。さらに25分、金田のスルーパスに反応した渡邉がペナルティエリア内で相手選手を背負いながらキープ。後ろへパスを戻すと、走りこんできた中島がシュートするもこれは相手キーパー山下が倒れこみながらセービングし、決定機を逃した。

その後はボールは持てどもチャンスまでは至らないじりじりした展開が続く。相手に危険なシーンを作られることこそないが、流れを考えれば早めに先制点が欲しいところ。そしてようやくビッグチャンスが訪れる。38分、渡邉のポストプレーから走りこんだ山本へとパスが渡る。トップスピードに乗った山本が一気に相手ディフェンスラインを突破すると、キーパーと1対1に持ち込んだが、シュートは惜しくもゴール左へと外れた。その後40分には早稲田CKの流れから塗師が前線へ放り込み。相手選手のクリアを拾った兵藤がシュートを狙ったが、これは相手キーパーのセーブにあった。

前半終盤にも鈴木修や金守のミドルシュートなどでゴールを狙った早稲田だったが、ゴールは奪えぬまま試合は後半戦へと突入。ここで両者に選手交代が。早稲田は松本怜を下げて、前節から復帰した松橋を投入。山本を中盤右サイドに移し、山本のいたポジションへ松橋は入った。国士舘も久保田に代えて天野を同じポジションに入れてきた。

エンドも変わり、風上に立った早稲田は押し込みたいところ。序盤の47分に国士舘の鋭い攻めから伊東が抜け出したが、シュートはキーパー伊藤がセーブし一難を逃れる。その後は早稲田が前半と同じようにボールを支配して攻め込む流れ。48分、右サイド塗師のセンタリングに松橋が頭で狙ったが、シュートは大きく上がりキーパーが抑えた。50分には前線のこぼれ球を山本が左足でシュートを狙ったがキーパーセーブ。さらに62分、左サイドでこぼれを拾った金田がルーレット気味に相手をかわし、さらにもう1人抜き去って最後は中島がセンタリング。これはファーサイドへと流れ得点には至らず。

68分、早稲田は中島に代えて島村を投入。松橋を中盤左サイドに移し、前線を渡邉と島村の2トップに変更してゴールを狙いに行く姿勢を強く打ち出す。その直後には右CKのこぼれを金田が思い切ってミドルで狙ったが枠の上。続く75分、左サイド松橋のセンタリングを島村が打点の高いヘディングでシュートしたが枠を捕らえられない。さらに78分には鈴木修の展開から左サイドの松橋がセンタリング。これがフリーの渡邉に届いたが、決定的なヘディングシュートは相手キーパーがビッグセーブ、島村が詰めるも押し込めなかった。

松橋のチャンスメイクからゴールを狙う早稲田だが、なかなか1点が奪えない。そんな中早稲田は最後のカードを切る。78分、主将の金田を下げて首藤を投入。山本をセンターに戻し、首藤を右サイドに入れる。早稲田がリスクを冒す攻撃的な布陣へと移行すると同時に、国士舘も前線に菅原を投入して試合は最終局面を迎える。

85分、兵藤からのパスを受けた鈴木修がシュートフェイントで相手選手を抜き去ると、さらにルーレットでもう1人かわす。最後は島村が右足で狙ったがキーパー正面だった。さらに87分、早稲田がCKのチャンスを得る。しかしこれはクリアされ、ここから国士舘が一気のカウンター。柏が自陣から一気にドリブルでゴール前まで持ち込み、左サイドをオーバーラップした養父へと渡す。受けた養父が左足で絶妙なセンタリングを送ると、これが飛び込んできた菅原の頭にドンピシャリ。菅原の強烈なヘディングシュートが突き刺さり、早稲田が痛恨の失点を喫した。

最悪の時間帯でリードを奪われた早稲田は、残る時間で最後の攻めを見せる。ロスタイムには、左サイドから攻め上がった松橋が右足に持ち替えてセンタリング。中央で受けた山本がさらにつなぐと、ファーサイドから走りこんできた島村が渾身のヘディングシュートを放ったが、これは無情にもバーを叩きゴールならず。そしてそのまま終了を告げるホイッスルが鳴り響いた。

これで早稲田は第4節以来の敗戦となり、連勝もストップ。ボールを支配し続けた試合ではあったが、最後まで1点が遠かった。例え攻め続けても決めるべきところを決め切れなければ、最後に痛い目にあうという典型のような試合だった。とはいえ長いシーズンではこのような試合もあるだろうし、内容的にも決して悲観するようなものではない。着々と勝ち星を重ねていく上位陣に食らいついていくためにも、次の前期最終戦は勝利を手にして後期リーグへはずみをつけたいところだ。

懸命にゴールを狙い続けた早稲田今期初出場となった伊藤拓真途中からキャプテンマークを巻いた松橋優
posted by ultraswaseda-admin at 01:43| 東京 ☁| ア式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。