2006年03月12日

TM vsFC町田ゼルビア戦@東伏見

3月12日(日) 13時キックオフ 東伏見 30分×4

早稲田大学 7[4−1・2−0・1−0]1 FC町田ゼルビア

得点:【早】松本怜(4分)、兵藤(6分)、渡邉(12分)、鈴木修(16分)、鈴木修(39分)、松本怜(53分)、島村(115分)【町】加賀山(28分)

早稲田大1本目・2本目メンバー
−−−−渡邉−−松橋−−−−
兵藤−−−−−−−−−松本怜
−−−鈴木修−−金田−−−−
松本征−山口−−梅澤−−塗師
−−−−−−伊藤−−−−−−

交代:梅澤→横山(46分)、松本征→中川裕(46分)、鈴木修→藤森(46分)、松本怜→首藤(58分)

この日の早稲田の練習試合は、関東社会人リーグ2部に所属するFC町田ゼルビアと行われた。Jリーグ経験者も数名擁するチームである。早稲田は関東選抜組が合流、新1年生も多く顔を見せてきた中で、何人かいる怪我人を除いてのベストに近い布陣で構成してきた。現段階でのレギュラー組が先発した1本目、真新しい顔として注目なのが、昨年は関東リーグ未出場の梅澤誠司と、新1年生の松本怜である。早稲田実業高校出身の梅澤は、早稲田守備陣の要である金守貴紀が欠場したセンターバックの位置に抜擢。一方の松本怜は青森山田高校出身、昨年はU-18日本代表にも選出された期待のルーキーで、こちらも山本脩斗がいない中盤の右サイドに起用された。

試合は序盤から早稲田のゴールラッシュで幕を開ける。松本怜がCKのこぼれ球から左足で弾丸ミドルを突き刺したかと思えば、兵藤がゴール前左寄りの位置から見事なFKを直接叩き込む。13分には、ゴール前でパスを受けた渡邉が左足で目の覚めるようなシュートをねじ込み、続く16分には右サイド松本怜からのグラウンダーのクロスに鈴木修が滑り込みながらシュートしてゴール。1本目終盤には、専修大学時代に早稲田を苦しめていた長身FWの加賀山にヘディングで決められ、FC町田に1点を返されるも、結局4対1と早稲田が圧倒して1本目は終了。

2本目からは社会人の意地を見せたいFC町田が盛り返し、早稲田は我慢の時間帯が続く。しかし迎えた39分、左サイドを深くえぐった兵藤が折り返し、それに飛び込んできたのは新主将の金田。金田のシュートは相手選手に阻まれたかに見えたが、これがハンドの判定で早稲田にPKが与えられた。PKは鈴木修がきっちりと決めてゴール。

その後46分に選手交代。梅澤に代えて横山をそのままセンターバックの位置へ。松本征に代えて中川裕をそのまま左サイドバックの位置へ。鈴木修に代えて藤森をそのままボランチの位置へそれぞれ投入した。なお、左サイドバックに入った中川裕平は、四日市中央工業高校出身の新1年生。守備的な位置ならどこでもこなす選手で、昨年のU-18日本代表を始めとして年代別代表経験豊富な期待の新人である。

53分には、早稲田が左サイドからの攻め。松橋がゴール前中央で待ち構える渡邉へボールを預けると、同時にディフェンスラインの裏へ走りこんだ兵藤へ渡邉がダイレクトでパスを通す。フリーで抜け出した兵藤のシュートは相手キーパーに当たったが、こぼれ球を相手選手がクリアしたところに松本怜が詰め、ボールは松本怜に当たってそのままゴールイン。鮮やかな崩しから、早稲田が6点目のゴールを奪った。

2本目終盤には松本怜に代わって首藤がそのまま中盤右サイドに入る。その後伊藤の好セーブなどで相手の攻撃もシャットアウトし、そのまま2本目を終えた。リードを奪ってからは途中相手の攻める時間帯が長くなることもあったが、守備陣もなんとか最小失点で凌ぎ、6対1という完勝とも言えるスコアを残した。

早稲田大3本目・4本目メンバー
−−−−反町−−島村−−−−
中島−−−−−−−−−−長沼
−−−−藤森−−中川裕−−−
佐藤貴−堀江−−横山−−首藤
−−−−−−米原−−−−−−

交代:横山→服部(90分)、長沼→山下(90分)、藤森→長沼(101分)

3本目からは早稲田が大幅に選手交代。2本目途中に左サイドバックに入った中川裕は、今度はボランチの位置へ。さらに前線の位置には前橋育英高校出身の新1年生、反町一輝が登場。年代別代表経験者であり、昨年はザスパ草津の特別指定選手としてJリーグデビューも果たした、左利きの大型ストライカーだ。

FC町田が選手交代を数人に留めた影響か、早稲田はなかなかペースをつかむことができずチャンスを作れない。69分に反町が遠目から思い切ってミドルを狙うもキーパー正面。ようやくシュートを放った早稲田だったが、71分には右サイドからのセンタリングを早稲田のキーパー米原がファンブルし、こぼれをシュートされたがこれは枠の上へ外れた。

ピンチを逃れた早稲田は徐々に流れを引き寄せていく。81分、右サイドを突破した首藤が反町へパス。反町はヒールで中央の長沼へつなぎ、さらに左の島村へとパスがつながる。島村の左足でのシュートは左へ外れた。81分には、藤森の縦パスをゴール前で受けた反町がすぐさま反転して右足でシュートしたが、ジャストミートせず。直後には、左サイドに流れた反町のあげたクロスボールに、ファーから長沼が飛び込んでダイレクトボレーで狙うも決まらず。結局得点までには至らず、両者スコアレスで3本目は終了。

4本目、早稲田は最終ラインに服部、中盤の右サイドに山下をそれぞれ投入。対するFC町田は大きくメンバーを入れ替えて臨む。

ここからは早稲田がペースを握り、ボール保持する時間も長くなる。97分の中川裕のミドルから始まり、ゴール前からの反町の思い切った右足シュート、101分には山下のスルーパスに右サイドを抜け出した反町の折り返しに、島村が決定的な形でニアから飛び込んだが、シュートは惜しくもサイドネット。その後ボランチの位置に再び長沼を投入した早稲田は、さらに攻めの手を強めていく。109分には山下が右サイドを突破して高いセンタリング。待ち構えた島村がトラップしてシュートするもこれは相手キーパーに阻まれる。さらに111分、最終ラインの服部からの正確なフィードが左サイド中島の下へ。中島がすぐさま右足のアウトでクロスを上げると、島村が飛び込んだがシュートは左へ外れた。

その後も反町のミドル、CKからの島村のヘディングシュートなど決定的なシュート数多く作る早稲田。そしてようやく攻勢が実ることに。115分、右サイドを首藤との連携で崩した山下がセンタリング。ゴール前で受けた島村がシュートし、相手キーパーにセーブされたところを再度島村が押し込んだ。結局のゴールはこの1つで終わり、トータルスコア7対1で早稲田が勝利となった。
posted by ultraswaseda-admin at 18:49| 東京 ☁| ア式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

TM vs横河武蔵野FC戦@東伏見

3月5日(日) 14時30分キックオフ 東伏見 45分×3

早稲田大学 6[0−0・2−0・4−0]0 横河武蔵野FC

得点:【早】市川(74分)、島村(86分)、島村(92分)、島村(95分)、島村(102分)、藤森(134分)

早稲田大1本目メンバー
−−−−渡邉−−市川−−−−
長沼−−−−−−−−−−山下
−−−−金守−−金田−−−−
佐藤貴−服部−−梅澤−−寺本
−−−−−−伊藤−−−−−−

交代:なし

※各選手の学年は2006年度のもの

早稲田のAチームが、JFLに所属する横河武蔵野FCと対戦。この日はレギュラー関係なしにAチームのメンバーを適当に2つに分けてのメンバー構成となった。なお、関東選抜としデンソーカップに参加している時久省吾、兵藤慎剛、鈴木修人、山本脩斗、松橋優、東京Vの練習に参加している塗師亮ら6選手は不在。1本目のメンバーは、キーパーに伊藤拓真(2年・前橋育英高)。Bチーム同様4バックの最終ラインは、中央に梅澤誠司(2年・早稲田実業高)とスポーツ推薦での入学が決まっている服部大樹(1年・桐蔭学園高)が入り、サイドは右に寺本大樹(4年・福岡U-18)、左に佐藤貴哉(4年ヴェルディ花巻Y)。ボランチは新主将の金田隼輔(4年・星稜高)と金守貴紀(3年・四日市中央工業高)が入り、前目は右に山下大智(3年・大分U-18)、左に長沼圭一(4年・多々良学園高)。前線は自己推薦で入学する市川雄太郎(1年・浦和Y)と渡邉千真(2年・国見高)が入った。なお、武蔵野は昨日も練習試合を行っているためかこの日は控え組中心のメンバー構成で、昨年度まで早稲田所属で今年度から武蔵野入りした浅川智が左サイドバックとして出場していた。

JFL所属ということでやはり相手のレベルは高く、早稲田も今日がAチームにとって始動とも言える練習試合ということもあり、押し込まれる時間帯が長くなる。しかし決定機までは作らせず、徐々に早稲田のチャンスシーンも。24分には山下のシュートが惜しくもバーを叩く。続く30分、市川がドリブルで仕掛け、突破してのシュートは弱くキーパーに抑えられる。34分には服部が遠目から思い切ってロングシュートを狙ったがゴール右。結局スコアレスのまま1本目は終了。

早稲田大2本目メンバー
−−−−渡邉−−市川−−−−
長沼−−−−−−−−−−山下
−−−−金守−−金田−−−−
佐藤貴−服部−−梅澤−−寺本
−−−−−−伊藤−−−−−−

交代:服部→横山(64分)、梅澤→山口(64分)、伊藤→米原(67分)、佐藤貴→松本(67分)、長沼→中島(67分)、渡邉→島村(67分)、寺本→首藤(76分)、金田→藤森(76分)、山下→岩田(76分)、市川→前田(76分)

2本目は武蔵野が選手を入れ替える一方で、早稲田は同じメンバーのままスタートする。このあたりから早稲田は自分たちのペースを握って試合を進める。58分、佐藤貴の左CKから市川が振り向きざまにシュートするもゴール左へ外れる。そして64分には早稲田に最初の選手交代。服部と梅澤のセンターバックの2人を下げ、横山知伸(3年・帝京高)と山口貴弘(4年・帝京高)を入れる。横山はボランチに入り、金守が最終ラインへ、山口はそのままセンターバックに入った。

66分には寺本のセンタリングをキーパーがこぼしたところを渡邉が拾ってキープ。再び寺本に戻し、寺本の右足シュートは枠の上へそれた。直後の67分、再び選手交代。佐藤貴に代わって松本征也(2年・浜名高)がそのまま左サイドバックへ、長沼に代わって中島健太(3年・國學院久我山高)がそのまま中盤の左へ、渡邉に代わって島村毅(3年・早稲田実業高)がそのまま前線へ、それぞれ入った。74分には、ついに早稲田に最初のゴールが決まる。左サイドでボールを持った中島が左足でセンタリング。ファーから飛び込んだ市川が押し込んだ。

その後、早稲田は2本目最後の選手交代。寺本に代わって首藤豪(3年・市原Y)がそのまま右サイドバックへ、金田に代わって藤森渉(3年・早稲田実業高)がそのままボランチへ、山下に代わって岩田啓佑(2年・川崎U-18)がそのまま中盤の右へ、市川に代わって前田亮(3年・駒場高)が前線へ、それぞれ入った。これで早稲田は金守以外の全選手を交代。

86分、早稲田の攻め。右サイドから岩田が絶妙なセンタリングをあげると、島村がドンピシャのヘディングシュートを決めてゴール。これで早稲田に2点目。88分には左サイド中島のセンタリングを中央で受けた島村が、ボールを浮かして相手選手をかわしシュートするも枠の上。その後は試合も動かず、2本目が終了。

早稲田大3本目メンバー
−−−−島村−−前田−−−−
中島−−−−−−−−−−岩田
−−−−藤森−−横山−−−−
松本−−山口−−金守−−首藤
−−−−−−米原−−−−−−

交代:金守→服部(97分)

3本目、早稲田は2本目終了時と同じメンバー。武蔵野は浅川がセンターバックとして再びピッチに立った。ここから、その凄まじいまでの決定力を見せ付けたのが早稲田の島村だ。まずは92分、ゴール前左寄りの位置から右足でのシュートを叩き込むと、95分にはPKを直接決めて連続ゴール。97分に金守に代わって服部が再び最終ラインに入った後、102分には後方からのフィードに対し島村が相手選手と競りながらキープ。ボールを浮かして抜き去ると、そのままシュートを決めた。

早稲田が流れをつかんだまま試合は進み、終了間際の134分にはゴール前で藤森が島村とのワンツーから豪快なミドルを決めてゴール。結果、島村の4ゴール1アシストの活躍が光り、早稲田が6対0と圧勝した。

爆発した島村、そして浅川
posted by ultraswaseda-admin at 21:18| 東京 ☀| ア式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TM vs電通戦@東伏見

3月5日(日) 12時30分キックオフ 東伏見 45分×2

早稲田大学 9[4−0・5−0]0 電通

得点:【早】芝原(18分)、芝原(27分)、松尾(28分)、寺内(40分)、鄭(52分)、鄭(54分)、森(55分)、中野(83分)、佐々木(89)

早稲田大1本目メンバー
−−−−寺内−−芝原−−−−
後藤−−−−−−−−−−松尾
−−−−石神−−長島−−−−
鳥井−−西村−−藤澤−−大島
−−−−−−冨田−−−−−−

交代:大島→佐々木(33分)

※各選手の学年は2006年度のもの

東伏見にて、早稲田のBチームが電通と対戦した。1本目のメンバーは、キーパーに冨田昌孝(4年・名古屋Y)。4バックの最終ラインには藤澤昌聡(2年・四日市中央工業高)と西村悠太郎(2年・三田学園高)がセンターに入り、両サイドには右に大島修平(4年・西武文理高)、左に鳥井翔太(2年・早稲田高)。ボランチは長島大(2年・愛知FC)と石神洋平(2年・福岡大附属大濠高)がコンビを組み、中盤前目には松尾竜聖(2年・長崎南高)と後藤真樹(2年・桐蔭学園高)が入る。そして前線は芝原克英(4年・早大本庄高)と寺内裕生(2年・宇部高)のツートップ。

実力差のある相手ということで、立ち上がりから早稲田が一方的に攻める展開となる。右サイドバックに入る大島の積極的な攻撃参加が目立ち、10分には逆サイドからのロングパスを受けた大島が右から抜け出し、切り替えしで相手をかわすと左足でシュートを放つもキーパー正面。続く11分にはゴール前左寄りの位置から寺内がグラウンダーのミドルを狙ったがゴール右へ。さらに12分には石神の右CKを寺内がヘディングシュートするが、キーパーのセービングにはばまれた。

早稲田にゴールが生まれたのは前半半ばになってから。18分、左サイドからのクロスボールをペナルティエリア内で受けた芝原が、胸トラップからの鮮やかなシュートを決めて先制点とした。直後の19分には石神の強烈なミドルシュートがキーパーのジャンピングセーブに止められたが、それからも早稲田が怒涛の攻めを続ける。すると27分、右サイド大島のセンタリングから最後は芝原が2点目となるゴールを決める。さらに直後の28分には中央を松尾がドリブル突破し、キーパーと1対1に。最初のシュートは阻まれたがこぼれを押し込んで3点目とした。

33分に手を傷めた大島に代わって佐々木がそのまま右サイドバックの位置に入る。そして40分には、左サイドをえぐった後藤のクロスボールが寺内の頭にぴたりと合い、ゴール。結局早稲田が4対0と大きくリードして1本目は終了した。

早稲田大2本目メンバー
−−−−森−−−−鄭−−−−
中野−−−−−−−−−−福地
−−−−城−−−長谷川−−−
中澤−−長井−−重信−佐々木
−−−−−−冨田−−−−−−

交代:なし

2本目から早稲田は大きくメンバーチェンジ。キーパーにはそのまま冨田が入り、最終ラインは中央に重信英之(3年・早稲田実業高)と長井章浩(3年・成城高)。右は1本目途中から入った佐々木優(4年・浦和Y)が残り、左サイドバックには中澤佑介(3年・ビーバートン)が入る。中盤は長谷川悠(2年・相模原高)と城雄二朗(2年・早稲田実業高)がボランチを組み、前目には福地秀基(4年レイソル青梅Y)と今年度から自己推薦で入学する中野大輔(1年・桐蔭学園高)。ツートップには鄭秀豪(2年・早稲田実業高)と森春基(4年・早稲田高)が入った。

選手が代わっても、早稲田が押し込む展開は変わらない。47分には森が抜け出していきなりのビッグチャンスとなるが、キーパーが飛び出し無人となったゴールに放たれたシュートは枠を外れる。しかしその後早稲田にゴールラッシュ。まずは52分、佐々木のシュートがキーパーにセーブされたところを拾った鄭が決めてゴール。続く54分には後方からのロングパスに巧く抜け出した鄭がキーパーとの1対1を落ち着いて決めて連続得点。直後の55分、スルーパスに抜け出した森がループ気味のシュートを決めた。

その後も流れは変わらず、迎えた83分には中央から中野が抜け出し、一旦右の森に預け、再び中央の中野にパスが出てフリーでゴール。そして終了間際の89分、城の左CKを福地がヘディングシュート。バーに当たって跳ね返ったところを佐々木が押し込んだ。

結局、2本目だけで5得点をあげ、トータルで9対0と早稲田が圧勝。ただただ力の差が目立った試合となった。
posted by ultraswaseda-admin at 20:27| 東京 ☀| ア式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。