2006年01月16日

全日本大学女子サッカー選手権大会決勝 vs東京女子体育大学@国立

1月15日(日) 12時キックオフ 国立 45分×2

早稲田大学 2[1−1・0−0・1−0・0−0]1 東京女子体育大学

得点:【早】佐藤(15分)、佐藤(91分)【東】四宮(5分)

早稲田大スタメン
−−−−佐藤−−渡辺−−−−
堂下−−−−−−−−−−河田
−−−−藤本−−松長−−−−
武末−−深澤−−山本−−後藤
−−−−−−岸−−−−−−−

交代:武末→近藤(75分)、後藤→山崎(89分)

東京女子体育大スタメン
−−−−齋藤−−四宮−−−−
−−−−−−岩澤−−−−−−
大澤−海老沢−−詫間−−平山
−−室井−−井上−−村上−−
−−−−−−諏訪−−−−−−

交代:大澤→田村(58分)、岩澤→中村(70分)、室井→松本(99分)、平山→福庄(107分)

決勝へと進出し、ついに聖地国立のピッチへと踏み入れたア女の選手たち。日本一の座をかけると同時に、今期最後の試合となる。早稲田は昨日行われた準決勝と全く同じスタメン。対する東女は準決勝で鮮やかな逆転勝ちを収めた勢いがある。

その勢いがいきなり試合を動かすことに。立ち上がりの5分、東女に右サイドからのCKのチャンス。大澤が蹴った鋭いボールがニアの四宮の頭にドンピシャリ。強烈なヘディングシュートが決まり、早稲田はいきなりの先制点を献上してしまう。早稲田にとっては出鼻をくじかれる格好の失点となった。

とはいえ、ユニバー代表を4人抱える早稲田がチーム力で上回っているのは間違いない。徐々に流れを取り戻し始めると、迎えた15分、鮮やかなボール回しを見せる。左サイド深い位置に流れた河田が後ろへ戻すと、そのボールを堂下がダイレクトでセンタリング。これを中央の佐藤がヘディングでとらえ、キーパーとは逆の位置にゴールイン。すぐさま早稲田が1点を取り返し、同点とした。

その後は、ゴール前遠目の位置から佐藤が強烈なFKを放ち、これは相手キーパーにセービングされたものの、攻勢が続く早稲田。早稲田ペースは後半に入っても続いたが、58分に村上のロングシュートがバーを叩くなどピンチも迎えたもののなんとか凌ぐ。早稲田はディフェンスに関しては、守備陣が実に安定したプレーを披露しチャンスは作らせない。1対1の強さはもちろん、カバーリングもほぼパーフェクト。一方の攻撃は、佐藤が華麗な左足のテクニックを見せるなどするものの、なかなか1点が奪えない。

そして試合は延長戦へ。そして開始直後の90分、エリア内へ飛び込んだ松長が相手選手に倒されると、早稲田にPKの判定。これを佐藤が落ち着いて決め、早稲田がついにリードを奪った。ここからは早稲田がしっかりとした試合運びで時間を使っていく。結局そのまま逃げ切りに成功し、早稲田が優勝を果たした。

大学日本一となった早稲田。部員数こそ少ないが経験豊富な選手たちも多く、今後の飛躍が期待される今日の勝利だった。

2ゴールの佐藤は攻撃を引っ張った精力的に右サイドを駆け上がった後藤中盤で流れを作った藤本河田が切れ込む!そして歓喜の優勝この日がラストゲーム、近藤と河田
posted by ultraswaseda-admin at 11:40| 東京 🌁| ア式女子情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

全日本大学女子サッカー選手権大会準決勝 vs神奈川大学@西が丘

1月14日(土) 13時30分キックオフ 西が丘 45分×2

早稲田大学 2[1−0・1−0]0 神奈川大学

得点:【早】渡辺(23分)、深澤(57分)

早稲田大スタメン
−−−−佐藤−−渡辺−−−−
堂下−−−−−−−−−−河田
−−−−藤本−−松長−−−−
武末−−深澤−−山本−−後藤
−−−−−−岸−−−−−−−

交代:後藤→近藤(79分)、河田→森(84分)

神奈川大スタメン
−−−−12−−16−−−−
−−−−−−14−−−−−−
13−−2−−−−6−−−9
−−5−−−10−−24−−
−−−−−−1−−−−−−−

交代:24→8(HT)、12→7(53分)、16→11(82分)

早稲田のア式蹴球部は男子だけではない。近年有力選手の増加で力を増している女子は、今年度インカレで準決勝まで駒を進めている。相手は、早稲田がここ最近勝つことができていない神奈川大学。なでしこジャパンでも活躍した矢野を擁する強豪である。日本一に向けて最大の難関となる一戦が、西が丘で幕を開けた。

雨が降り始めるなかでキックオフされた試合は、序盤から神奈川が押し込む展開となる。立ち上がりの2分に、右サイドからのクロスボールをフリーで走りこんできた13がシュートするもこれは大きく枠の上へ外れる。まずは相手の攻勢を凌いだ早稲田にもチャンス。9分、左サイドから中央へのパスを受けたのは河田。フリーでもらい、そのままシュートを狙うとこれは惜しくも左ポストに嫌われた。

その後は神奈川に何度か危険なシーンを作られも、なんとか守る早稲田。早稲田の右サイドから攻め込まれる形が多くなるが、後藤や山本のカバーなどで集中したディフェンスを見せる。そして粘り強く戦っていた早稲田についにチャンス。中央でボールを持った河田が、左前へ走りこむ渡辺へ絶妙なスルーパスを送る。受けた渡辺がそのままスピードに乗って突破すると、左足でシュートを叩き込んで、早稲田が見事な先制点をあげた。

流れに乗り切れない前半ではあったが、リードを奪っていい形で後半戦へ折り返した早稲田。神奈川も積極的な選手交代で反撃を狙うが、ここからは早稲田が余裕を持った戦いを見せる。すると57分には早稲田にCKのチャンス。佐藤が左足で蹴ったボールから深澤がシュートし、相手キーパーにセーブされながらもこぼれを再度深澤が蹴りこんで、欲しかった追加点が入った。

その後は早稲田が磐石の試合運び。雨がどんどん強くなっていく中で、早稲田の選手たちは決して集中を切らすことなく相手の攻撃を跳ね返し続ける。主将の近藤も投入し、危険なシーンは一切作らせることなく、そのまま早稲田が逃げ切った。

なかなか勝てなかった相手についに勝利し、早稲田は決勝進出を決めた。大一番を乗り切り、優勝も視界に入ってきたといえるだろう。国立という大舞台で、是非とも栄冠を手にして欲しい。

雨の中、守護神の岸は安定したプレー河田は右サイドで相手の脅威に守備では確実に相手を潰した渡辺は見事な先制点悪条件で素晴らしい勝利
posted by ultraswaseda-admin at 23:46| 東京 🌁| ア式女子情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。